国際ドメインGDI在宅ビジネス研究内容

国際ドメインGDI在宅ビジネス研究内容

10年間の歴史やサービスについて。

グローバルドメインズインターナショナル国際ドメインGDI在宅ビジネス研究内容

2007年後半
グローバルドメインズインターナショナル(GDI)登録直後、主として海外でのアフィリエイト活動を行いました。当時は、GDIビジネスの認知が不十分だったせいもあり多くの質問が寄せられました。そして多くのアフィリエイターはGDIビジネスへの理解を目標とし応用までには至りませんでした。

2008年前半
日本でGDIビジネスが開花したのが2008年前半だったと感じます。国内アフィリエイターのGDIに対する認知が飽和状態に近づいたのは2008年中頃のように感じました。但し、潜在需要は十分に存在すると確信していました。この頃、海外ではGDI複合ビジネスが台頭してきました。このGDI複合ビジネスは2008年前半で私が知っているだけでも20種類以上存在しました。

2008年後半
日本でもGDI複合ビジネスが台頭をしてきました。この複合ビジネスが盛んになると熱が冷えるまでは(何となく流れる方向に従う風潮があるうちは)GDI単独ビジネスへのアフィリエイトは普通の切り口では難しいと感じました。

2009年前半
現時点での見解ですが、海外でのGDI複合ビジネスはある意味で標準化しました。これは対象となる複合ビジネスに依存して優劣が見えてきたためです。海外市場におけるビジネス展開についての説明は長くなるので省略します。日本でのGDI複合ビジネスは、それほど多くありませんし将来においても言語の問題とサポートの問題、それと「馴れ、習慣、文化」の問題でGDI複合ビジネスの種類が増加するとは思えません。GDIビジネスは国境が無いことが優位点なのですが日本国内に特化したビジネススタイルを構築できれば、市場範囲は狭くなりますが国内でのGDIビジネスは躍進すると同時にネット長者を排出すると感じています。

今後のGDIビジネス
市場規模と投資(コスト:労力と時間)を考慮すると瞬間的なエネルギーよりも継続的で微弱なエネルギーによる活動が有効的に効果を発揮する方法だと思います。費用はドメイン取得維持に関わるコストを含めて10ドル/月で、1人をスポンサーした報酬が1ドル/月であることを考慮して気軽に楽しく取り組むビジネスだと思っています。

上記は、あくまでも私個人の研究内容であり内容を保証するものではありません。また、今後不定期に加筆、修正致します。

2015年
一言、GDIビジネスは不滅です。

2017年2月
GDIルネサンス元年を期待しています。

2017年3月
これからアフィリエイトに挑戦する場合、国際.WSドメインのGDIレンタルサーバーは、HTMLサイト、ワードプレス、メールサーバーなどが独自ドメインで全てサービスに含まれてワンセットになっているので人気上昇中です。

2017年4月
国際ドメインGDIビジネスのサービスがインターネット上の個人情報保護や堅牢なセキュリティも評判です。ドメイン運用とレンタルサーバーがセットになっているのでセキュリティを重んじる現代こそ貴重なサービスと認識する傾向が顕著になってきました。

月額10ドルで以下のサービスとビジネスチャンスが得られます。

サービスの内容
1. 独自ドメイン取得維持(追加費用無し)
2. 独自ドメインのメールアドレス10個(1GB x 10個 = 10GB)
3. HTML用サーバー1個(容量;100MB)
4. ワードプレス(サブドメイン5個)
5. ワードプレス例:ドメインGDIビジネス | WordPress編
6. 写真アルバム(サブドメイン5個)
7. 写真アルバム例: gallery.pajero.ws
8. サブドメイン20個:容量合計10GB
サブドメイン作成例:WordPressDrupalphpBBCoppermineの4種各5個

ビジネスチャンス
1. 言語を問わず世界中の人にアフィリエイト/スポンサー可能
2. ユニレベル5段階
3. 特別報酬制度(週単位)あり
4. 他

グローバルドメインズインターナショナル(GDI)とは気軽にお付き合い願います。

補足:お問い合わせをいただいたGDIサイト作成例
サブドメイン作成例:
GDIサブドメインWordPress:ドメインGDIビジネス | WordPress編
GDIサブドメインphpBB:forum-bb
GDIサブドメインdrupal: drupal
GDIサブドメインCoppermine: Coppermine写真サイト
HTMLホスティングサイト
Domain Business PAJERO.WS since 2007

7日間の無料お試し詳細はコチラです>>>

ドメイン取得